お客様に、あなたを選んでもらうためのマーケティング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
wakaremiti1

お客様は常に迷いながら選択しています。

さんざん迷ったり、すぐに判断したり。

どのサイトをクリックしようか迷ったかと思うと、

やっとあなたのサイトに来てもらったのに、

また、どうしようか迷っています。

あなたのホームページは、
お客様を迷わせる作りになってませんか?

 

お客様は、なぜ、迷うのでしょうか?

例えば、

怪しいから

欲しい答えがないから

わかりづらいから

 

キーワードを打ち込んで検索すると、

さまざまなサイトやホームページの説明文やURLが表示されます。

その説明文が怪しかったら・・・問題外ですよね!

 

では、知りたい答えを教えてくれそうな説明文が無かったら、

他の検索キーワードを打ち込みますよね?

 

それでは、説明文が、専門用語ばかりで、

何を言っているのか分かりづらかったら、

あなたならどうしますか?

 

『このサイトは専門家のためのサイトだな』

そう考えて、他のサイトを探しますよね。

 

どんなにSEOに力を入れて上位表示されるようにしても、

説明文が分かりづらければ意味がないのです。

もちろん、

魅力的な、行動を取ってもらえるような文章に、

なっていなければ、意味がないのです。

 

そうです!

まずは、パソコンならクリック

スマホならタップしてもらうことを、選んでもらわなければ、

意味がないのです。

 

あなたの商品やサービスを選んでもらうために、

行動を取ってもらうのが、

マーケティングの重要な役目なのです。

 

まずは、あなたのサイトやホームページに来てもらうために、

クリックやタップなどの行動を取ってもらいます。

 

そこから、

資料請求

メールアドレスの登録

予約の電話

などの、

サイトやホームページの目的となる行動を取ってもらいます。

 

その行動を取ってもらえるように、

構成を考えて、文章や写真・動画などを配置します。

ただし、何でも入れれば良いという訳ではありません。

 

余計な、クリックやタップは、なるべくさせないようにして、

あなたがお客様に取ってもらいたい、

目的の行動の妨げにならないように、気を付けなければなりません。

 

特にトップページはスッキリと分かりやすくして、

流れが見えて、行動をとりやすくして下さい。

 

一昔前は、トップページにゴチャゴチャと何でも詰め込んで、

何をどうすれば良いのかが分からない物が多かったです。

 

キャッチコピーと写真が、勝手に右から左に流れていて、

その下に、Youtubeの動画があって、

更には、対して意味のないお知らせが書いてあったり、

求人のお知らせまで一緒に載せてある。

そして、色んなサイトのリンクが数多く貼ってある!

 

まさに、お客様を迷わせるために作ってあるとしか思えません!

 

トップページをパッと見て、

クリックやタップするところが何箇所もあったら、

まずは、それを整理して、分かりやすくして、

お客様が迷わず、目的の行動を取ってくれるように、

修正して下さい。

 

もう一度言います。

怪しくないこと!

分かりづらくないこと!

 

この二つが、特に重要です。

 

お客様を迷わせずに、あなたを選んでもらうことが、

マーケティングの重要な役目です!

 

しかも、

『どうしても、あなたのところで買わせて下さい』

お客様に、そのように言ってもらえることも、

マーケティングの重要な役目なのです。

そのことについては、また今度説明します!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*